茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12
Category: まちあるき   Tags: ---

秋を訪ねて・野草園〔1〕~仙台まちあるき

121012 01 higanbana
< ヒガンバナ >

うちのバルコニーから見える 放送局のテレビ塔が建っている大年寺山に
四季折々の草花を楽しむことができる『野草園』があります





小高い丘の変化に富んだ起伏をそのまま活かした野草園までは うちから車で30分ほど
文字どおり秋晴れに恵まれた体育の日に 今回初めて出かけてきました

では 秋の草花たちを 花の名の由来とともにどうぞ



121012 02 fujibakama
< 藤袴 フジバカマ >

花の色が藤色で 花弁の形が袴(はかま)のよう


121012 03 syumeigiku
< 秋明菊 シュウメイギク >

日本にはないタイプの菊 秋に咲くことから「黄泉の国の菊」の意味で「秋冥菊」
その後「冥」はイメージが暗いということでが「明」に変わった


121012 04 ezorindou
< 蝦夷竜胆 エゾリンドウ >

「リンドウ」は 漢名「竜胆」の音読みが変化した語
平安時代には「りむたう」「りんたう」「りんだう」など表記は一定していないが
実際は「りんだう」に近い発音だったと考えられている
漢名は 根の味が竜の胆のように苦いことから名付けられた

えっ 竜って本当に居るの???


121012 05 waremokou
< 吾亦紅 ワレモコウ >

名前の由来には諸説あるが 最も知られているのは
神様が赤い花を呼び集める時 この花を加えるのを忘れたので
花が自ら「吾もまた紅なり」と申し出た言葉が短縮されたとする説

ワレモコウと言えば すぎもとまさとさんの「吾亦紅」を思い出します
メロディーラインがとてもきれいで 好きです


121012 06 higanbana
< 彼岸花 ヒガンバナ >

秋の彼岸の頃に花を咲かせることから
また別名「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」は「天上の花」という意味で
おめでたい事が起こる兆しに 赤い花が天から降ってくるという仏教の経典による

「彼岸花」と「曼珠沙華」 私的には妖しげな響きの「曼珠沙華」の方が好みです


121012 07 hamagiku
< 浜菊 ハマギク >

海岸の岩場や砂地に生息する菊


121012 08 syukaidou
< 秋海棠 シュウカイドウ >

花の色がバラ科の落葉低木であるカイドウに似ていて 秋に咲くということから

この写真の花は もう盛りを過ぎている感じです


121012 09



121012 10 mamusigusa
< 蝮草 マムシグサ >

葉の鞘(さや)の模様がマムシの模様に似ていることや
花の様子がマムシが鎌首をもたげている姿に似ていることから

名前の由来を先に知っていれば もう少しちがった撮り方があったと反省しきり


121012 11 susuki
< 薄 ススキ >

何処でも「スクスク育つ木」が語源だとされていますが
ほかにも ササやススキを束ねた神楽に用いるススケという楽器に由来しているなど諸説がある


121012 12 sonarematumusisou
< 松虫草 マツムシソウ >

マツムシが鳴くころに咲くからと言う説や
花が仏具の松虫鉦(まつむし がね)に似ているからという説がある

でも「松虫鉦」とやらがよくわかりません


121012 13 sennou
< 仙翁 センノウ >

本種が京都・嵯峨の仙翁寺で最初に見出されたことから


121012 14 hototogisu
< 杜鵑 ホトトギス >

花にある斑紋が 鳥のホトトギスの胸の斑紋に似ていることから


121012 15



以上 掲載している花の名前は ネットなどを参考にして私なりに判断したもので
正否のほどは定かではありませんので あしからず



今日もお出でいただき ありがとうございました




関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
「リンドウ」は 漢名「竜胆」

だからあの色なんだ…
我々、何でも委員会で
ぜひ今度発表します

しかしいろいろな由来があるもんですね
誰が決めるんでしょ
Edit
e-316 ひばり組らん太郎。さん

おはようございます。

「竜胆」、やっぱりそうきましたね。
期待を裏切らないところは流石です。

花の名前、どなたが決めるのでしょうかねぇ。
とりあえず、「何でも委員会」じゃないことはたしかなよう
です。
Edit
おはようございます♪
いつもどうもありがとうございます♪

撮影ご苦労様です。
自分はこの手のものは滅多に取らないのですが
ボケ味がやはりいいですね
こういうの見ると、フルサイズ機に
単焦点の大口径レンズで、開放気味に
撮影したくなります♪

またよろしくお願いいたします♪
Edit
おはようございます。
いつもありがとうございます。

私の場合、散歩写真のウエイトが高いので、
ついつい野草を撮ることが多くなりがちです。
これまで、花の名前もわからないまま、
撮りっ放しの載せっ放しだったのですが、
名前を少し勉強しようと思っています。
Edit
彼岸花きれいですね!
マムシ草のその、赤と緑をとって、
下の茶色い処を、乾燥させると、
革みたいのが、できるんです。
それを利用して、女の子のかさと、長靴にして、
押し花作品を作りました。

あとで、ブログに載せますね・・

良かったら、みてください。
Editなんだか・・

っと、癒されます。
秋の花って、そんな力を
持ち合わせていますね。
Edit
こんばんわ♪


花は好きなのに、花と名前が一致しない(というか知らない)自分ですが、あらためてこうして写真を
見て、花の名前の由来など新しい発見があるとすごく嬉しいですね!

浜ギク ススキ 彼岸花以外の花は 初めて見たように思います。
自然の芸術 ほんとに心に滲みます。
ステキな写真 ありがとうございます。
Edit
私も『彼岸花』っていうより『曼珠沙華』という呼び方のほうが好きです。
花もアップで見るとそれぞれ花弁の形とかが違っていて面白いですね。

竜の胆のように苦い…
誰が食べたんだろう?
Edit
e-315 くろこ姫 さん

おはようございます。

マムシグサは、今回の野草園ではじめて知りました。
なるほど、ひとつの花の部位それぞれが、造形の素材として
役立っているというわけですね。

押し花作品、楽しみにしています。
Edit
e-315 はなこころ さん

おはようございます。

今回、
いろいろな山野草と
出会うことができました。

一般の園芸用草花とは
どこか違う自然の素朴さが
心に響くのかもしれませんね。
Edit
e-316 ももPAPA さん

おはようございます。

今まで何気に眺めていた草花も、名前が分かっている
のとそうでないものでは、愛着がわくというか愛でる気
持ちがちがってきますよね。

それにしても、似たような花でも種類が多くて、調べる
にしても相当気合を入れてかからないといけないので、
一苦労です。
Edit
e-315 boomin さん

おはようございます。

曼珠沙華、花の見た目の妖しげな雰囲気にぴったりの響き
があっていいですね。

竜の胆・・・
ほんと、そう思います。(笑)
Edit
写真がなくなったらここへ行けば何かしら咲いてるね。
吾亦紅・・・吾も紅なり・・・あたいだって赤いんだから忘れんといて~な!
ってとこでしょうか。
Edit
e-315 mu.choro狸 さん

こんにちは。

そうですね、とくに春とか秋とかには訪れて見たい所ではあ
りますね。
花の名前の由来、こうしてみると、「なるほど」と思うものがあ
ったり、中には「ナンデヤネン」みたいなものもあったりで面
白かったです。
Edit
こんにちは~!

いつも素敵なお写真をありがとうございます。
心が癒されます☆
身体はぼろぼろですが、目から元気になっていけそうです。
秋の花たちの由来、勉強になりました!
Edit
秋の七草が2つ入ってますね。
彼岸花の大きさに比べ大きな蝶がとまってますね。
マムシ草、なるほどいわれるとマムシに見えてきます。

いろんな野草が咲いてるんですね。
Edit
こんばんは~(^^)

野草園は、もう10年以上行ってないですねぇ~
こんなにたくさんの綺麗な花と緑があるんですね!

花は見るのも育てるのも好きなんですが~名前は
さっぱり覚えられません(^_^;)
Edit
e-315 sakura-sunsun さん

こんばんは。

sakuraさんのようにおっしゃっていただけると、とても励
みになります。
こちらこそありがとうごぞいます。

花の名前は、なかなか覚えられませんが、由来とかも調
べてみるとより一層愛着がわいてきて、少しは覚えやすく
なるような気がします。
Edit
e-316 matsuyama さん

おはようございます。

クロアゲハ、彼岸花をねらっていたら大きな羽をゆっくりとは
ためかせて飛んできてくれてラッキーでした。

さすが「野草園」というだけあって、野草の宝庫ですね。
今回初めて訪れたのですが、今後折りあるごとに行ってみ
たいと思っています。
Edit
e-315 ぶぶちゃん さん

おはようございます。

野草園、私は今回が初めてでしたが、大年寺山北側をその
まま生かした広い園内に様々な野生の植物が植えられてい
て、季節の花々が温かく迎えてくれるいい所ですね。

私も花の名前を覚えるのは苦手です。
草花の種類、多すぎますよね。
Edit
こんばんは
「りむたう」「りんたう」「りんだう」=>りんだろう=>らんたろうってな訳ありませんよねぇ・・
出遅れて冴えない私(--;
Edit
e-316 ただチャン さん

こんにちは。

竜胆、とにかく「竜」の一文字で
連想される存在の人物、
それだけでも大したものですよね。
さて、いよいよCSファイナルステージ、
いかがなりますことやら。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。