茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


10
Category: 俳句写真   Tags: ---

一月の俳句

170110_6s.jpg

老梅のほつほつ咲けり宮の裏

いつも通っている大学病院の近くの神社へふらっと寄って見たら 梅が見ごろでした
裏手に回ると 日当たりの悪さからか木が古いからか少しだけ咲いていたのです
季語は「老梅(ろうばい)」




170110_2s.jpg

淑気満つ宝物殿のさざれ石

明治神宮へ初詣に行き 森の散策や宝物殿の見学をしました
殿内の係の人が座っている所に「さざれ石」が展示されており 感激しました 
季語は「淑気(しゅくき)=新年の天地に満ちる清らかで厳かな気」

寒月や天然芝の競技場

多摩市の郊外の競技場で芝の手入れをしている人を見かけました
西洋芝の緑が青空の下で輝きを増し きれいでした
季語は「寒月(かんげつ)」


170110_3s.jpg

裏手には小さき畑避寒宿

夫の両親が佐渡にいた頃は 孫たちを連れ立って夏休みも冬休みも帰島しました
その都度 母方の親戚の民宿へも泊まりに行き 皆が集まって談笑した記憶をたどり作りました
季語は「避寒(ひかん)」

寒月や波音高き漁師町

同じく親戚の民宿で・・・
季語は「寒月(かんげつ)」


170110_4s.jpg

待春の町に焼きたてパンの旗

とても寒い日のウオーキング中「焼きたてパン」という旗につられ
コッペパンを買い 頬張りました
季語は「待春(たいしゅん)」


170110_5s.jpg

春を待つ谷戸の奥なる農学部

普段ウオーキングをしている谷戸の一番奥に明治大学の農学部があり
春から秋にかけて野菜や米などを作っています
春の到来を心待ちしていることと思われます
季語は「春を待つ」

※ 俳句は キャプションを含め いずれも郷さんからお寄せいただいたものです
郷さんのご都合でしばらく休止していましたが 今月から再開します
またよろしくお願いいたします




今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
 今週が寒さのピークの様ですね。

 御自愛ください。

 まだまだ冬が居て欲しいのはあてだけかな?

 それでも時間は過ぎて行く~。


Edit
郷さんの俳句と茶々さんのお写真!
良い感じのコラボですねー。
とっても素敵です。
Edit
v-132 おデビン さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
年末から年始にかけて気温も高めで
比較的穏やかな天気が続いていましたが
今朝はあたり一面銀世界。
いよいよ冬らしくなってきた仙台です。
Edit
v-132 onorinbeck さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
郷さんは関東(東京・神奈川)、自分は東北に住んでいるため
場合によっては写真をあてるのに「さて・・・」と思うこともありますが
それはそれで楽しみのひとつになっています。
Editバラエティ
にとんで
相変わらず 素敵な句たち。

素晴らしい十七文字です。
Edit
v-132 はなこころ さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
四季という大きな自然の恵みの中にある情景とか営みとかを
5-7-5の得もいえぬ絶妙なリズムにのせて表現する・・・
いいですね。

Leave a Comment








1
2
3
5
6
8
9
10
12
13
15
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom