茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


13
Category: 俳句写真   Tags: ---

九月の俳句

160913_01.jpg

城跡の森こんもりと花芒

毎月の吟行で訪ねる世田谷の九品仏は
山門を入ると城跡の名残をとどめる塚が 木々や草でこんもりと盛り上がり
芒の穂が静かに揺れているのが見えた
季語は「花芒(はなすすき)」



160913_02.jpg

同じく九品仏での作を二つ

城跡の天つく木々や虫の秋

木々は大きく 広々とした叢がある
この時期には 秋を惜しむかのように虫が鳴いているのである
季語は「虫の秋」


おもむろに鳴きしちちろや閻魔堂

灯りは点いているもののほの暗い閻魔堂で
奪衣婆(だつえば)の様子を見ながら コオロギの声にしばらく聞き入っていた
季語は「ちちろ(こおろぎ)」
※ 奪衣婆~三途(さんず)の川の岸にいるという老女の鬼


160913_03.jpg

望の月弁財天の遠拝み

実家の隣の町の海に突き出た岩に祀られた弁財天を 夫とお参りした
青い海と緑の松がとても美しかった
訪ねたのは昼間だったが 月が上がった夜のことを想像してこの句を作った
季語は「望の月(もちのつき~陰暦十五夜の月)」


160913_05.jpg

県境のバス停わきの昼ちちろ

稲城市と川崎市の境に 「県境(けんざかい)」というバス停があり 好きな散歩コースの一つである
辺りにはまだ自然が残っており こおろぎやその他の虫の声を堪能できる場所である
季語は「昼ちちろ(こおろぎ)」


※ 俳句は キャプションを含め いずれも郷さんからお寄せいただいたものです



今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
花芒
はなすすきですか・・・。
よく伝わる
字体ですね。

しんみり。
Edit
お写真も俳句も秋ですねー!
千葉も朝晩は涼しくなりましたー。
Edit
 秋ですね~。

 暦が先行し過ぎの様な感がありますが。

 はよ涼しくなって欲しいモンです。

 一頃よりはマシなンかな~?34度とか無くなったし。今年の夏も暑かったな~。もうふた月も経てば「さぶ~。」言うているんでしょうね~。夏が恋しいとかも言うのかな?

Edit
季節はすっかり秋ですね~
今年こそススキを見に行きたいと思いました
Edit
v-132 はなこころ さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
六月の俳句に出てきた「青芒」の頃は
芒の葉なのか他の草の葉なのか区別がつかなかったのに
褐色を帯びた花穂が開くと
これぞ「芒」という感じです。
青芒、花芒、枯芒・・・
芒の一生は人生ドラマのようですね。
Edit
v-132 onorinbeck さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
ほんと、コスモスの花もあちこちで見られるようになり、
日に日に秋が深まってきている感じですね。
Edit
v-132 おデビン さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
今朝は半袖・半ズボンではちょっと肌寒さを感じて
薄手のカーディガンを羽織ってしまいました。
こんな仕種が出てくるようになると
冬が見えてきそうな東北の今日この頃です。
Edit
v-132 愛紗 さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
ススキ、コスモス、曼珠沙華、紅葉・・・
秋もいろいろ見ておきたいものが目白押しですね。
Edit綺麗!
秋の真っ青な空

うーん
最近こんな爽やかな秋空程遠い((+_+))
今日もどんよーり
時々雨パラパラ

早く台風どっか行ってくれないかしら
Edit
v-132 ひめこ さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
ご無沙汰ばかりで申しわけありません。

行楽やゴルフには持って来いの季節だというのに
次から次へとやってくる台風。
ほんとに憂鬱になってしまいます。

Leave a Comment








1
2
3
5
6
8
9
10
12
13
15
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom