茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


16
Category: まちあるき   Tags: ---

林子平の像(仙台市勾当台公園)~仙台みてあるき

160816_01.jpg

宮城県庁や仙台市役所 国の出先機関などの公的機関が集積している所にある勾当台公園に
江戸時代 『三国通覧図説』や『海国兵談』等を著わし 世に先んじて海防の必要を唱えた『林子平の像』がある



像の横にある説明パネルによると 林子平氏は

江戸時代中期の経世学者 兵学者で 元文3年(1738年)6月21日江戸生まれる
兄が仙台藩に仕えたので 20歳の時一家は仙台に移り住んだ

経済や国防の問題に深い関心を抱き 領内はもちろん 江戸 長崎
さらに蝦夷地(北海道)までも遍歴 学問を重ねた

特に長崎で西洋の事情と知識を吸収
その中でヨーロッパ列強の侵略やロシアの南下政策を知って
四面海に囲まれた日本を守るにはどうすればよいかを追求した

天明6年(1786年)出版した「三国通覧図説」では
朝鮮 琉球 蝦夷および小笠原諸島の地図と地理 民族を記載し
海外に関する知識の普及に努めた

ついで翌天明7年から有名な「海国兵談」を著し
海国たる日本の全国的な沿岸防備の必要性を強調した

「海国兵談」の出版は資金難に苦しみながら寛政3年ようやく全部出版されたが
同年 幕府は無断で国防を論じた罪で板木を没収 蟄居を命じた
落胆した子平は「親もなし妻なし子なし板木なし金もなければ死にたくもなし」
と詠じて六無斉と号し 寛政5年(1793年)6月21日仙台で死去した 56歳


160816_02.jpg


また 余談としては

仙台市青葉区の「子平町」の町名は 同町内に林子平の墓があることに因んでつけられた

『海国兵談』の板木は 幕府に没収されたが
実は こっそりと副本を持っていたことから後に再版できた

とのこと


160816_03.jpg
< 勾当台公園市民広場 >


勾当台公園は "青葉まつり" や "ジャズフェスティバル" "光のページェント"など
公園が接している定禅寺通りと共にビッグイベントのメイン会場となる所でもあり
でかける機会が多い割には この「林子平の像」についてはこれまで見過ごしていた

今回はバス待ちの時間があったので 説明パネルに目を通してみたというわけ
おかげで勉強になりました



今日もお出でいただき ありがとうございました





■ 住所
  宮城県仙台市青葉区本町3丁目9から8
  および国分町3丁目7
■ アクセス
  地下鉄: 仙台駅~勾当台公園駅 3分
  バス: 仙台駅~県庁市役所前 3分
  徒歩: 仙台駅西口より15分

 by グーグル地図






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom