茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


11
Category: 俳句写真   Tags: ---

十二月の俳句

151208_01s.jpg

野の川の軽き水音冬木の芽

マンションの近くは まだ未開発のところがかなりあり
ウオーキングのコースとしては申し分ありません
この日は晴れて暖かく 小川の水音が軽いような気がしました
季語は「冬木の芽」



引き寄せし栃の冬芽や昼の月

フロンターレのサッカー練習場の通りには栃の木が植えられています
明るい昼の陽を浴びて芽が光っているような気がして夫に枝を引き寄せてもらったら
赤身を帯びた冬芽が ロウを塗ったようにキラキラ輝いていました
季語は「冬芽」


151208_05s.jpg

ゆつたりと往き交ふ街の聖樹かな

マンションから2駅先に多摩センター駅があります
このあたりでは一番賑やかなところで クリスマスともなれば多くの人で賑わいます
しかし 都心と違い人々はゆったりしているように思えます
季語は「聖樹(クリスマスツリー)」


151208_03s.jpg

遮断機のやうやく上がる霜の朝

急いで吟行に行くためのバスに乗りたいのですが
上りや下りの電車で なかなか遮断機の上がらない朝でした
季語は「霜」

鋏手にくはえ煙草や年の内

年も押し詰まったある日 はす向かいの家に植木屋さんがいるのが見えました
中休みをしていた直後だったのか 煙草をくわえたまま鋏を使っていました
忙しそうだなあと思い 句にしました
季語は「年の内」


151208_04s.jpg

肩並べ冬至の入日眺めをり

マンションのベランダから丹沢の山々のなだらかな稜線が見えます
冬至の入日を二人で眺めた時の句です
燃えるように赤い夕陽でした
   季語は「冬至」

ためらはず行間広き日記買ふ

最近 小さな文字が苦手となり 行間の広い日記帳を選びました
幸いなことに句集は大きな字で助かります
季語は「日記」



※ 俳句は いずれも郷さんからお寄せいただいたものです



今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
 冬ですな~。なんですけど、こちら、今朝の気温が16度。(車の温度計なんで誤差は有ります。)12月の気温じゃないですついでに昨日からの雨で湿度も「ぼちぼち紫陽花が。」です。

 エルニーニョ現象の威力は凄まじいですね。

Editらん太郎。
多摩センター

一瞬、えっ?って
思っちゃいました。


夕焼けが燃えて堕ちていくって
このことなんだなぁ  キレイ。
Edit
v-132 おデビン さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。
朝の気温が16度だなんて信じられません。
この一週間、暖かかったという日でも最高気温が12度程度
晴れている日以外は終日エアコンをかけっ放しです。

Edit
v-132 らん太郎。さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。
俳句の時に限り
句は関東、写真は主として東北ということになっていますので
よろしくお願いします。
日の出入りが居ながらにして眺められるっていいですね。

Edit
時々、テレビで俳句の指導している番組があります。
季語を2ついれてだめとか、
色々な、決め事があるのですね・・・

こんな短い文章で、情景を表現してくれるのだから、
すごいですよね・・・

そこに、ぴったりした、お写真を、
あてはめる、茶々さんも、すごいです。
Edit
v-132 くろこ姫 さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
コメ返が遅れてすみません。
俳句は、世界でいちばん短い詩とも言われています。
わずか17文字の言葉で情景や思いを読み上げるってすごいですよね。
自分にはとても真似できません。

Leave a Comment








1
3
4
5
7
8
10
11
12
14
15
17
18
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30

top bottom