茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


05
Category: 俳句写真   Tags: ---

十二月の俳句写真

141205_01.jpg

稜線にかかる浮雲山眠る

昔 鎌倉への道として使われた「横山の道」という尾根道をいつものように散歩しているとき
澄んだ青空に真っ白な雲が浮いていて とても美しいのでしばらく立ち止って見ていました
季語は「山眠る(生気を失って静まり返っている冬の山の形容)」です




141205_02.jpg

行年や心委ねしバスの旅

紅葉の時期 「ハイジの村」という山梨県北森市へのバスの旅に参加しました
くっきりとした富士山をバックに イングリッシュガーデンがとても素晴らしいかったです
季語は 「行年(いくとし)」です


141205_03.jpg

漣の立ちし池面や暮れ早し

町の中に周囲1キロぐらいの池があり
其の約3分の1は蘆原となっていて水鳥たちが子育てをしています
いつ訪ねても数種類の鳥を見ることが出来ます
季語は「暮れ早し」です


141205_06.jpg

師を囲み句仲間なごむ年忘

12月の最後の句会の後に忘年会があり
乾杯のあとに一人ひとりがショートスピーチをし お互いの親交を深めあいます
季語は「年忘」です。

間合よく卓に大皿年忘

新宿の中華料理店での忘年会 次々と大きな皿が運ばれ
宴たけなわとなって 二十数人のカルチャーの面々はすっかり気取りをなくしていきます
季語は「年忘」です


141205_05.jpg

千鳥鳴く夜の更けゆくや友へ文

冬の夜 炬燵で本を読んだり手紙を書いたりしていると
千鳥の声が聞こえるという心象風景の句です
季語は「千鳥」です


俳句は いずれも郷さんからご提供いただいたものです



今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
 おはようございます。

 学がないから解説が大変有難いです。

 同窓会は未だ声が掛った事が無いですわ~。幹事をやろうと言う奴が居ないからかな?賑やかなんでしょうね。昔話に華が咲いて。

 ハイジの森ですか~。の近くには仕事でちょくちょくなんですけど仕事が済んだら一目散に帰るから。気持ち的に寄り道する余裕が持てる奴になりたいな~。帰巣本能が強いのかな?

 ぼちぼちそちらは積雪の季節ですね。足元にお気を付けて。

Edit
とっても礼儀正しい忘年会だわ

私は忘年会から遠ざかって数年
そろそろ集合かけるかな?
Edit
こんばんは~(^^)

年忘。。。
今年は何をしたんだったかなぁ~と
振り返えっても年の初めを
もう覚えていない。
これも年忘になりますかねっ(^_^;)

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom