茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07
Category: 俳句写真   Tags: ---

十月の俳句写真

141007_01.jpg

吹かれたる野菊や佐渡の春日崎

夫の伯母上の墓参りを済ませ 道すがら春日崎で車を降りました
外海府の海は白波が立ち 岬の芒や野菊は伸びきれないまま風に吹かれていました




141007_02.jpg

佇みて木の実落つ木を見上げけり

昼間でも暗い森の径を歩いていたら しきりに木の実が落ちてくる
一体何の木だろうと立ち止って見上げたら 樫の木でした

本堂に黙す二人や木の実落つ

世田谷の「九品仏」の本堂で 中庭の池を夫と眺めていたら 突然ぱらぱらと木の実が降ってきて
堂内が静かだったので その音はびっくりするくらい大きく聞こえました


141007_03.jpg

海鳥の目の鋭さや秋の航

船から乗客の投げる餌をキャッチする海鳥(カモメ)は
真剣そのもので とても鋭い目をしていました


141007_04.jpg

還暦の父のつぶやき温め酒

故郷佐渡へ帰る途中で 新潟の私の実家で一泊した時のこと
父が 飲めないお酒をお付き合いで口にし 孫たちの成長を嬉しそうに見つめながら
何か呟いていたことを鮮明に思い出します


141007_05.jpg

さざ波や弥彦も佐渡も秋夕焼け

故郷佐渡からの帰路 乗った船が海峡の真ん中あたりで 真っ赤な夕焼けに包まれました
それは ほんの短い時間でしたが その美しさは忘れられません



俳句は いずれも郷(ごう)さんからご提供いただいたものです



今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
 句にあうカットが出て来る所が凄いです。

 句に合わせて撮るにしても凄いですね。どっちにしてもなかなか難しいと思いますけど、「さらっ。」とこなせているのは凄いです。

 凄いの大安売りのようになっているけどほんま凄いです。

Edit
おはようございます。
春日崎の景色って、めっちゃ綺麗ですねー。
佐渡、行ってみたいなあ・・・
Edit
またこれはスゴイ
ウミネコの写真には、ど感動でしっ♪
Editどの句も
こころに
沁みて
秋を懐います。

句にあう写真が、素敵すぎます。
Edit
うわぁ♪3枚目
すごい迫力~
鳥苦手なので実際にこの光景を冷静に見ることは絶対出来ませんが
お写真でだとカッコイイですね~

Edit
あー!

フェリーで佐渡に渡ったとき

カッパえびせんを
かもめが一直線に飛んできて
パクッて!!
怖かったぁ

みんながやってるからやってみたけど(^_^;)

でもかもめはなんであんなにえびせんにまっしぐらに
来れるんだろーって感激しちゃった!
指はかじられなかったし(~_~;)
Edit
夫が、夫の…って
これは奥さんが文を書いているんですか?

“くほんぶつ”が出てくるとはびっくり!
Edit
v-132 おデビン さん

おはようございます。

ご承知かとは思いますが
写真は、俳句とその解説から浮かぶ情景に近いものを
うまく見つからない場合は雰囲気で選んでいます。
もちろん全て自分がこれまで撮りためた写真です。
「句にあうカット」と言っていただけてうれしい限りです。

Edit
v-132 onorinbeck さん

おはようございます。

俳句写真は、郷さん(いとこおば)の俳句とその解説から
浮かんだ情景に近いものを自分のストック写真から選んでいます。
そんな関係で、春日崎の俳句につけた写真は
実は同じ佐渡でも沢崎鼻で撮ったものです。
でも、ロケーションとしては大差ないと思います。
説明不足でごめんなさい。

Edit
v-132 みゆきん さん

おはようございます。

「かっぱえびせん」に群がるカモメ、スゴイでしょ。
ちなみに写真は松島の遊覧船に乗った時に撮ったものです。

Edit
v-132 はなこころ さん

おはようございます。

ほんと、
どの句も心に沁みますよね。
同じ写真でも句が入ると
より一層ドラマ性が出てくるのが
不思議です。

Edit
v-132 愛紗 さん

おはようございます。

佐渡に往き来しているカーフェリーの甲板では
いつもこんな光景が繰り広げられています。
ちなみに、今回の写真は
松島の遊覧船に乗った時に撮ったものです。

Edit
v-132 ひめこ さん

おはようございます。

カーフェリーに群がるカモメ、凄いですよね。
以前、目にした光景ですが
ヤンママが買って封を切ったばかりのエビセンを
子供が取り上げてカモメの餌付けに夢中になり
興奮のあまり袋ごと海に落としてしまい
ヤンママさんが怒ること怒ること。
失礼だとは思いつつ笑ってしまいました。

Edit
v-132 ひばり組らん太郎。さん

おはようございます。

毎月の俳句写真シリーズの句は
東京在住の郷さん(いとこおば)のご好意でお借りしているものです。
http://hs1414.blog.fc2.com/blog-entry-183.html
説明不足でごめんなさい。

Editこんにちは(^^)
おデビンさんとこでお見かけする茶々さんでしたのね(^^)

詩人さんだとは・・・驚きです!
風景を見て一句、そして写真を撮るのでしょうか?
お見事ですv-353
Edit
日本海の夕焼けって綺麗なんですよね~^^

オイラも釣りをしながら、何度見たことか・・・
そしていつも思うのは・・・・
「やべ~こんな時間!! 帰らなきゃ」
でした(笑)

俳句を読んでいて、全然、酒の呑めなかった本家のオジが晩年 なぜか急に酒を呑みだしたのを思い出し懐かしく思いました!!
Edit
いつも思うのですが、句と写真がマッチしてますよね。
個人で撮った写真では限界があるでしょう。
編集されるのも、大変なご苦労ですよね。

晩酌の食器類、茶々さん用の晩酌セットですか。
Edit
v-132 幸 さん

おはようございます。
早速コメをいただき、ありがとうございます。

詩人だなんて、私にそんな高尚な趣味はございません。
この俳句写真シリーズは、昨年、佐渡の実家に里帰りした際、
俳句を趣味にしていらっしゃるいとこおばの郷さんと何十年ぶりかで再会し、
ひょんなことから拙ブログに郷さんの俳句を寄せていただくことになって
スタートしたものです。
写真は、自分がこれまで撮りためた写真の中から
句に合った雰囲気のものを選んでいます。

これからもよろしくお願いいたします。

Edit
v-132 はやちゃん さん

おはようございます。

今でこそ仙台に住んでおりますが、
多感な青春時代までを過ごした故郷佐渡で見た日本海の夕陽
そして耳にした潮騒の調べは生涯忘れらるものではありません。
お酒を飲めない人が何かの拍子で口にするシーンは
何か人生の機微を感じさせる雰囲気がありますよね。

Edit
v-132 matsuyama さん

おはようございます。

ありがとうございます。

俳句には、めぐる季節の美しさ、そこに息づく生命、
生活、習慣、風土、生きている自分たちの心、喜怒哀楽などが
詠みこまれています。
なので、写真の中にこれだけのキーワードのひとつでも
共通している部分があればという
割と気楽な感じで選んでいます。

晩酌、熱燗が恋しくなってきている今日この頃です。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。