茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


02
Category: 未分類   Tags: ---

秋田県 なまはげ太鼓

140902_01.jpg

仙台市民広場で開催された「ハイウェイフェスタとうほく」に出かけてきましたので
その中から郷土芸能のいくつかを 4回シリーズでご紹介します




140902_02.jpg

和太鼓集団『なまはげ郷神楽』による勇壮な和太鼓パフォーマンス
郷土へ強いこだわりを持つ熱いライブが 観る者の魂を揺さぶります

140902_03.jpg



140902_04.jpg



140902_05.jpg



140902_06.jpg



140902_07.jpg



140902_08.jpg

和太鼓集団『なまはげ郷神楽』は
性別を越え 国境を越え ジャンルを越え そのパフォーマンスを展開しており
2004年には『ソウルドラムフェスティバル』において人気投票第1位を獲得
2010年のフランス公演や2012年マレーシア公演など 現在も世界中を疾走し続けているといいます



今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
 和太鼓が世界を席巻!ええはなしですね~。

 躍動感あふれる撮影も中々のものです。

 
 なまはげってやっぱり見た目に恐いですね。

Edit
躍動感が伝わる写真だわ
秋田で本物の、なまはげを見たけど、みんな酔っ払いだった(笑)
Edit
あー懐かしい!!
母の田舎で見たことあるけど

あれは・・・なんだったのだろ?
泣く子はどこだーーー!ってヤツですよね?
(笑)
あれは子供には絶対に怖い!!
Edit
なまはげですか
全体のバランスで見ると3.5頭身くらいでちょっと笑っちゃうけど
お顔だけ見ると迫力ありますね
これはちっちゃい子が見たら絶対に泣いちゃうな(^_^;)
和太鼓を叩く姿はとても勢いがあってカッコイイですね
Edit
狂暴な顔立ちしてますね。
なまはげっていうくらいですから狂暴なほど受けるんでしょうけど。
意外と仮面をとった素顔は優しそうなお兄さんだったりするんですよね。
見てください、颯爽と歩く姿、自信に満ちてるようです。
なまはげも世界を股に掛けまわってるんですね。
Edit
なまはげが今にも動き出しそうな
迫力のある画ですねー。
こうやってみると、なまはげって本当に迫力あるわー。
こりゃ、子供が泣くのも無理ないですねー(笑)
Edit
v-132 おデビン さん

こんにちは。

私の故郷にも鬼太鼓(おんでこ)と言う伝統芸能がありますが
和太鼓には人の心を揺さぶるみたいな不思議な魅力がありますね。
躍動感あふれる・・・、高速連写を駆使した賜物です。

Edit
v-132 みゆきん さん

こんにちは。

大晦日の夜に「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」
と家々をまわる男鹿のはまはげ、一度見てみたいもののひとつです。

Edit
v-132 ひめこ さん

こんにちは。

この日も「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と
観客席に下りて子供たちを怖がらせていました。
これ、大人でも傍で見るとちょっと怖いものがあったりします。

Edit
v-132 愛紗 さん

こんにちは。

このなまはげのお面、
思いっきりおっかない表情をしていますよね。
演奏の合間に「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と
観客席に下りて子供たちを怖がらせていました。

Edit
v-132 matsuyama さん

こんにちは。

ちなみに
このグループが人気投票第1位を獲得した
『ソウルドラムフェスティバル』は、
東洋と西洋のパフォーマーが一堂に会した
大規模な文化芸術祭だそうですが、
和太鼓の演奏ももさることながら
この出で立ちによるインパクトも
相当なものだったのでしょうね。

Edit
v-132 onorinbeck さん

こんにちは。

演奏の合間に「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と
観客席に下りて子供たちを怖がらせていました。
それにしてもこのお面、思いっきり表情がおっかないですよね。

Edit
すごい迫力ですね!

この恰好で、太鼓たたいたら、きっと、
すごい迫力なんでしょうね!

鍛えられた身体なんだろうな・・・
Edit
v-132 くろこ さん

おはようございます。

ほんと、これだけの装束を纏って力強く演奏するのですから
体力も相当なものだと思います。
凄い迫力でした。

Leave a Comment








1
3
4
5
7
8
10
11
12
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom