茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


15
Category: 俳句写真   Tags: ---

七月の俳句写真 その一

140715_01.jpg

陰干しの浮人形や幾色も

近くに住む孫(4歳)の浮人形を干してあるのを見て
自分の子育ての頃の思い出を重ねました
季語は浮人形:風呂などに浮かべて遊ぶ子どもの色々なおもちゃ




140715_02.jpg


九階の窓開け放し冷奴

梅雨が明けるとマンションで暮らすことにしていて
星や月や遠くの山並みを眺めて 窓は全開で暮らします 季語は冷奴


鉛筆の動き止まるや真夜の雷

夜遅く書斎にいたら 突然雷が鳴りだした
9階で天に近い(?)せいでこんなに大きく聞こえるのかなぁ
と幼稚なことを考えながら しばらくぼんやり過ごしていた
下五は「真夜(まよ)の雷(らい)」と読んでください 季語は雷


俳句は いずれも郷(ごう)さんからご提供いただいたものです



今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
 夏ですね~。

 浮人形!この歳になっても遊んでいます。

 この前会社に落雷がありまして、2日間操業停止になりました。地震の次に恐い自然災害だけはあります。

 梅雨の後半はちょっと注意ですね。

Editまよのらい
ですか。
なるほど。

字余りだな
と、思ってましたよ。

なるほど。

いいわあ。
Edit
1枚目のお写真
涼しげでとても良い感じですね
ここ数日病院以外はずっと家に引きこもっていたので
今日久しぶりに日中出掛けて
その暑さにびっくりしました
Edit
浮き人魚
子供時代はお風呂で遊んだわ
懐かしいな♪
Edit管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Edit
こんばんはー、
 一枚目、とっても涼しげでええ一枚ですねー。
9階の窓、開け放して冷ややっこ!(^^)!
めっちゃ。ようわかります!最近、我が家も夕飯にやっこが良く出るようになりました!
Edit
郷さんもマンションにお住まいなんですか。
9階ともなると窓を開け放したら風通しがいいでしょうね。
涼しげな冷奴を食べていれば、クーラー要らずで
過ごせそう。
Edit
季語を探すのが楽しみです

時間に追われてばかりの昨今

茶々さんのところで
じっくり立ち止まってフゥ~だ
Edit
v-132 おデビン さん

おはようございます。

浮人形、この時季にぴったりの風情ですね。
私なんかが子供の頃は雷と言えば
停電がつきものだったような気がします。
今は停電も大分少なくなってきていますが
電柱が地上に立っている限り宿命なのでしょうね。
くわばらくわばら。

Edit
v-132 はなこころ さん

おはようございます。

真夜の雷~まよのらい、
聞いて通じるかどうかは別にして風情と言うか
なかなかおしゃれに聞こえますよね。

Edit
v-132 愛紗 さん

おはようございます。

浮人形、
愛ちゃんの浴衣と一緒で
この時季の風物詩のひとつですね。
暑くなったり雷が鳴ったり、
そろそろ梅雨明けが近いのかも知れません。

Edit
v-132 みゆきん さん

おはようございます。

最近、お祭りなどで水に浮かべた金魚やキューピーなどを
金魚すくいみたいにしてすくう出店をよく見かけます。
お風呂で遊ぶ浮人形というと、ひよこを思い出します。

Edit
v-132 onorinbeck さん

おはようございます。

この写真は、数年前旅行に出かけた時の
旅館の玄関に置いてあったのを撮ったものです。
涼感たっぷりなので暑中見舞に使ったこともあります。
冷奴、いいですね。

Edit
v-132 matsuyama さん

おはようございます。

我が家も郷さんと同じ高層階なので
玄関ドアとリビングのサッシを開けると涼しい風が通って
まさにクーラー要らずなのですが
玄関をを開けておくと物騒なのが玉にキズです。

Edit
v-132 ひばり組らん太郎。さん

おはようございます。

今の暦だとちょっと時季がずれていたりして
「ん?」と思うこともありますが
伝統的な美意識に基づく約束事である季語
そんなところを探ってみるのも一興ですね。

Edit管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Edit
こんにちは~(^^)

この時期雷が鳴ると
小さい頃に親と訪れた七夕祭りを
思い出します。
いつ見ても茶々さんのお宅からの夜景に
癒されます(*^_^*)

Leave a Comment








1
3
4
5
7
8
10
11
12
14
15
17
18
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30

top bottom