茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


10
Category: 俳句写真   Tags: ---

六月の俳句写真

140610_01.jpg

~ 畦に沿ふ足のくぼみも植田水 ~
自宅のある川崎市の北のはずれには里山が残っています
そこには田畑が広がっていて 子どものころ見ていた風景を思い出すことができるのです

~ 梅雨晴や筑前琵琶の幕あがる ~
横浜に住んでいる幼友達が筑前琵琶の名手で 発表会に招待してくれました
哀愁のある音色に心を打たれました
琵琶法師が語る平家物語~祇園精舎の鐘の音・・・~の世界でした



140610_02.jpg

~ 真つ白な卓布ぱりつと夏料理 ~
仕事仲間とイタリアンのレストランへ行ったときです
大きなテーブルに真っ白なクロスがかかり 美しい料理が次々と出てきて
とても気持ちよくワインをいただきました

~ 我先に鉄棒めざす梅雨晴れ間 ~
梅雨時の子どもたちは外遊びを心待ちにしていて
ちょっと晴れ間が出ると さっと外へ飛び出していくのでした


140610_03.jpg

~ 黒南風や竹が竹打つ村はづれ ~
我が家から少し離れたところに林があり そのはづれに竹藪が残っていて
竹どうしの打ち合う音が黒南風にのって寂しく聞こえます
※ 黒南風(くろはえ)梅雨入りの頃どんよりと曇った日に吹く南風

~ 下る蟻ばかりとなりぬ松の幹 ~
家のすぐ近くに白鳥という名の元になった神社があり ひとりでよく吟行に行きます
松の幹の蟻が下ってばかりで上る蟻がいないのです
不思議に思いました


140610_04.jpg

~ 夕焼けの坂道急ぐスニーカー ~
坂の多い町に住んでいます
仕事帰り頃 駅頭は真っ赤な夕焼けでした
夕食の食材を下げて 大急ぎで帰宅の途についたときの句です

~ 黒南風に紛るフルート微かなり ~
斜め向かいに音楽好きの高校生がいます
いつもは互いに窓を開けているのでフルートの音色がきれいに聞こえるのですが
黒南風が吹く日は締め切っているので 風の音に消え入らんばかりです


俳句は いずれも郷(ごう)さんからご提供いただいたものです



今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



 

Comments

Edit
 おはようございます。

 どうもこの処、“風情”と言う言葉を忘れ気味になのを気付かせて頂きました。

 余裕が無いとかいませんね。

Editかわいいなあ。
目指すのは「鉄棒」かあ。
でんぐりかえると
空に
かけのぼれますものね。
Edit
なんと何と、まるでNHKに出てくるような、豪華な句に風景写真
すんばらすい~ウマイウマイ ""ハ(^▽^*) パチパチ♪
Edit
俳句もすてきですが・・・
そちらにあわせた、お写真が、見事ですね・・・

すてきです。(*^。^*)
Edit
俳句の内容と背景の写真があってますね。
ストックの写真から選別してるんですか。
それとも俳句に合わせて撮影してるんですか。

俳句も素晴らしいですけど、
バックの写真もいいですね。
Edit
v-132 おデビン さん

おはようございます。

風情~風雅な趣 味わいのある感じ 情緒 情趣・・・、
そういわれてみると、こうして郷さんの俳句と写真とのコラボを
させていただくようになったおかげで
忘れかけていたそんな感性が芽吹いてきているのかも知れません。

Edit
v-132 はなこころ さん

おはようございます。

この時期の陰が
遊びに行きたし 傘はなし
紅緒の木履(かっこ)も 緒が切れた~♪
の歌詞にあるとすれば
我先に~の句は陽というところでしょうか。
いずれにしても子供は無邪気というか純粋無垢というか・・・
いいですね。

Edit
v-132 みゆきん さん

おはようございます。

NHKと言えばついさっき
BSで古里佐渡を訪ねる番組をやっていました。
その辺のことについては次回更新でご紹介したいと思っています。

Edit
v-132 くろこ さん

おはようございます。

ありがとうございます。
このブログで
郷さんの俳句とのコラボをさせていただくことになって
散歩をしていても今まで見過ごしていた景色にも
目が向くようになっているかも知れません。

Edit
v-132 matsuyama さん

おはようございます。

今のところはストックの中から選んでいるものが圧倒的に多いですが
郷さんの俳句とのコラボをさせていただくことになって
散歩をしていても今まで見過ごしていた景色にも
目が向くようになってきているかも知れません。

Edit管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Edit
茶々さん こんにちわ

俳句と写真が絶妙にマッチしていて、しばし浸っていました。
木の幹の蟻が揃って下っているのを見るのって不思議な情景でしょうね。
Edit
v-132 ももPAPA さん

おはようございます。

郷さんの俳句とのコラボをさせていただくようになってから
今まで見過ごしていた景色にも自然と目が向くように
なってきている自分がいたりしいます。
蟻の行動、どうしてなのかはわかりませんが面白いというか不思議です。

Leave a Comment








1
2
3
5
6
8
9
10
12
13
15
16
17
19
20
22
23
24
26
27
29
30

top bottom