茶々亭はなれ

仙台や故郷佐渡のこと、趣味の音楽、うんちくなどをフォト日記でご紹介。オリジナル曲もアップしていきます。


22
Category: 俳句写真   Tags: ---

俳句写真

131022_01.jpg
~ 秋郊の ひときは光る 鉄路かな ~

家の近くに見晴らしの良い散歩道があり ふと眺めた電車の線路が
辺りの景色に比べて強く光り輝き 遠くまで延びている様が印象的でした(郷)




今年の夏実家に帰省した時に 数十年ぶりに従叔母(母方の祖父の兄弟の子)である郷さんと再会し
いろいろ話した中で 郷さんの趣味の俳句と私のブログ写真とのコラボを ということになり
本ブログで 時々俳句写真を紹介させていただいています


131022_02.jpg

~ 花野ゆく 遠くに富士の 山仰ぎ ~
多摩の丘の車道の両側は秋の花が咲いています
晴れた日の散歩では 立ち止まっては丹沢の山山や富士山を眺めながら歩きます
雄大な景色の中で すがすがしい空気を吸って心豊かな気分を詠みました

~ ランドセル かたかた鳴らし 花野ゆく ~
朝 小学生が秋の草花が咲き誇る野原の中の遊歩道を
楽しげに友だちと走って学校へいくのが見え とても微笑ましく感じました


131022_03.jpg

~ むっくりと 朽葉押し上ぐ 茸かな ~
山道を歩いていたらよく太った茸が 降り積もった木の葉をかぶったまま
頭を出している様子に強く心が残りました

~ 葉がくれに 肥ゆる通草(あけび)の 六つ七つ ~
畑の脇の道から見える雑木林に 良く肥えたあけびがぶら下がっているのが見え
夫がとってくれたので食べてみました
こどものときによく食べた懐かしい味に感激しました


131022_04.jpg

~ 湯の宿や 再手術待つ 秋の暮れ ~ ~ 露天湯の 底にひっそり はぜ紅葉 ~
従妹と二人で箱根の「ひめしゃらの湯」へ行ったときの句です
間近に迫っていた手術のことを ふと思いだして詠みました


131022_05.jpg

~ 七輪の火の勢いや初秋刀魚 ~
唐桑にいる夫の友人から送ってもらった秋刀魚を
炭火焼していただいたたときの句です


俳句は いずれも郷さんからご提供いただいたものです



今日もお出でいただき ありがとうございました






関連記事

テーマ 写真日記    ジャンル 日記



1
3
4
5
7
8
10
11
12
14
15
17
18
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30

top bottom